生活家電

お掃除ロボットミニ ネオ AIM-RC03が安くておすすめ過ぎる!

今ではもうおなじみのお掃除ロボット。
iRobot社のルンバをはじめ、沢山のメーカーがお掃除ロボット市場に参入しています。

でも、お掃除ロボットって値段が高いし、どれくらい掃除してくれるのか不安ですよね。
結局満足できずに、自分で掃除する事になるのが嫌で手に入れていないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方に、今回は低価格でしっかり者のお掃除ロボット!
ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニネオ AIM-RC03をご紹介したいと思います。

特長
・本体サイズ(約):直径23.5×高さ7.5cm
・本体重量:約1.2kg
・ACアダプターコード長さ:約1.5m
・連続使用時間:約50分
・充電時間:約4時間

小さくても基本性能はしっかり!

このミニネオ。直径23.5cmと手のひらをいっぱいに広げた位の大きさとなっています。
ロボット掃除機では断トツで超小型設計となっており、ソファーの下やベッドのすき間もスイスイ入ってお掃除できます。

50分の連続使用で約4.5畳の部屋をキレイにお掃除してくれます♪

お掃除性能はもちろんですが、センサー類もバッチリ装備!
落下防止センサーで段差を感知して方向転換!
高感度ショックセンサーで壁際もスイスイお掃除してくれます。

どなたでも使いやすいようにボタンをワンタッチすれば使える親切設計となっていて、嬉しいですね!

 

3種類の動きで隅々までキレイに!

らせん走行・バンパー走行・壁沿い走行の3種類の動きがプログラミングされています。

らせん走行で椅子や机の周りをキレイに、バンパー走行でお部屋を広範囲にキレイに、壁沿い走行で壁際やコーナーのごみをキレイにお掃除してくれます。

 

高価格ロボット掃除機との違い

17年5月現在、10.000円を切るという低価格で購入できる本製品。
一体なぜこんなに安いのか、そして高級ロボット掃除機と何が違うのか、気になりますよね!

まずは性能面です。
吸引口にブラシを装備していないので、ほぼフローリング専用機となっています。
なので、フローリングで使う分には本機も十分な能力を発揮しますが、絨毯などですとあまり効果を発揮できない可能性があるのです。

しかし、フローリングでは高級機にも見劣りしないパワフルな吸引力を発揮してくれます。

本体サイズが小さいため、一気に掃除する事は出来ないので高級機に比べ時間は掛かってしまいます。
しかし、基本的には電源付けたら放置しておくロボット掃除機ですので、さほど問題ないかと思います。

次に機能面です。
ホームベースを搭載していないので、掃除が終わって電池が無くなればその場で止まってしまいます。
そしてバーチャルウォール発生装置も搭載していませんので、疑似的な壁で遮る事も出来ません。
入ってほしくない部屋は、ちゃんとドアを閉めておかないと勝手に入っていっちゃいます。

大きい部屋、あるいは複数の部屋がある時には欲しいと思う機能ですよね。
しかし、1人暮らしの方や個室で使用する場合にはそこまで必要な機能ではないと思います。

元々約4.5畳のお部屋をキレイにしてくれるものです。
あまり必要ではない機能を無くすことにより”お掃除する”という基本性能はしっかりした上で、低価格を実現しているのです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
安いからと言って全然ゴミを吸わないといった事は決してありません。

Amazonのレビューでもたくさんの高評価が付いており、とても優秀なロボット掃除機である事が分かります。

使用環境を整えてあげれば、高級機にも見劣りしない性能の本機。
ロボット掃除機の中では、かなりコストパフォーマンスに優れていると言えますね♪

他のロボット掃除機は高くて手が出せない方や、1度ロボット掃除機を使ってみたいという方にとてもおススメできる製品となっていますよ!

お値段は高くなってしまいますが、くまモンやキティちゃんモデルも販売していますので、お好きな方はそちらもチェックしてみてくださいね!

↑↑ご購入はこちらから↑↑