生活家電

おすすめの除湿機は年中使えるF-YZP60!部屋干しにも最適!

除湿機は夏場しか使う機会が無いと思っていませんか?

今やほとんどの除湿機には衣類乾燥機能も備わっており、衣類乾燥除湿機として一年中活躍できる機種が多くなっています。

 

『なんだ、じゃあ秋の長雨や冬場の部屋干し用に準備しようかな』

なんて思っても、その種類の多さに迷ってしまう事でしょう。

 

そこで今回はおすすめ衣類乾燥除湿機の1つ パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式  F-YZP60 のご紹介です。

パナソニック独自の便利機能が付いた、お得に使える衣類乾燥除湿機ですよ。

機種スペック
・サイズ:高さ458×幅194(+脚部16)×奥行き352mm
・重量:5.8kg
・電源:AC100V(50/60Hz)
・定格除湿能力:5.6L/日
・タンク容量:約2L

Amazon:18,980円 楽天市場:17,980円 (17年9月現在)


一年中活躍する衣類乾燥除湿機!

F-YZP60はデシカント(ゼオライト)という除湿方式を採用しており、その大きな特徴として【低温時でも除湿能力が低下しにくい】といった点があります。

ですので梅雨時期の湿気対策だけでなく、冬場の結露対策にも非常に役立つ事でしょう。


 

除湿機の除湿方式の違いについてはコチラで詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

除湿器の”方式”の違いをわかりやすく解説してみた

 


ちなみにデシカント方式は除湿時にヒーターを利用するので、室温が4~8℃上昇してしまいます。

夏は余計に暑くなってしまうのでアレですが、寒い冬場には逆に嬉しい効果かもしれません。

 

ヒーターを使う分、少し電気代が高くなってしまうというデメリットもありますが、1年中活躍してくれる衣類乾燥除湿機がF-YZP60という訳です。

部屋干し乾燥も素早く効率的に!

F-YZP60の送風幅は約100cmとかなりのワイドサイズ。

ですので、乾燥量が多くなっても一度に一気に乾燥させる事が出来ます。

 

またスポット送風下向き送風など、風向きを選ぶことが出来るので干し方に合わせてより効率的に乾かせる点も便利なポイントの一つです。

 

そして、送風口のルーバーは左右それぞれ独立したツインルーバーとなっています。

片側がゆっくりと、もう片側が素早くスイングする事でそれぞれ異なった風が発生し、ムラなく均一に乾燥させる事が出来るのです。

例えば洗濯物を干すスペースが狭くなったとしても、風が衣類を揺らしてくれるのでしっかりと風が届きます。

様々なシーンで、効率的に乾燥させる事が出来るという訳ですね。

 

節電しながら賢く乾燥

パナソニック独自のエコシステム【エコナビ】が温度と湿度をい1分ごとに検知し、乾き具合を把握してくれます。

常に無駄の最適な運転で乾燥してくれるので、電気代もお得になるという訳です。

また【カラッとセンサー】と呼ばれる機能で、衣類の乾き具合を自動で検知してくれます。

センサーが乾燥完了と判断した場合には自動で運転停止となるので、外出前や就寝前でも気兼ねなく使う事が出来ますよ。

 

デシカント方式の衣類乾燥機は運転音が比較的静かといった特徴もありますので、特に就寝前に便利に使用することが出来るかと思います。

 

最後に

上記以外の便利機能として、衣類乾燥後の衣類への湿気戻りを防ぐカラッとキープモード

水の捨てやすさに配慮した取っ手の付いたタンクや、移動に便利なキャスターなど使いやすさにもかなりこだわられています。

 

年中使える家電ですから、使いやすいに越した事ありませんよね。

F-YZP60が一台あれば、これから部屋干しに困る事はなさそうです。

 

衣類乾燥除湿機の買い替えや新規購入を検討されている方など、ご参考になれば幸いです。


 

他にもコンパクトなものから高性能な除湿機をまとめています!

梅雨対策には除湿器を!おすすめ除湿器をまとめてみました!