ライフスタイル

暑い夏こそ夏野菜をしっかり食べよう!食生活から夏に負けない体づくりを!夏野菜の栄養・効果まとめ!

今年も暑い夏がやってきました。
暑さで疲れが溜まりやすい夏。
それは、食生活を見直す事で改善できるかもしれません!

季節野菜というのは、旬の時期に一番栄養価が高くその時期に大切な栄養素がたっぷり含まれています。
今回はそんな夏野菜の効能をまとめてみました!

夏野菜の代表格!

夏野菜の代表格といえば、トマト・きゅうり・なす・とうもろこしなどが挙げられます。
夏野菜の多くは、水分やカリウムを多く含んでいる食材が多く【熱を冷ます】効果があると言われています。

トマトやきゅうりなどは生で食べられますし、夏に不足しがちな栄養素を手軽に補給できるのが夏野菜の良い所です!

【トマト】には、リコピンやビタミンC・E、カリウムが豊富に含まれています。
免疫力を高め、がんの予防や美容にも良いんですよ♪
リコピンの抗酸化作用はβカロチンの2倍と非常に強力で、細胞の酸化による老化を止めるなどの効果もあるのです!

ミニトマトの方が栄養価が高いことが多く、完熟するほどリコピンが増えますよ♪

きゅうりの成分は90%以上水分で出来ています。
ほとんど栄養が無い野菜、なんて聞いた事もあるのではないでしょうか?
それも間違いではありません。栄養価の含有量はほんのわずかです。

しかし、きゅうりはその水分の多さから、【体を冷やす野菜】【水分補給】の二つの理由から夏では多く食べられています。
そして鮮やかな色合い、香りが夏には減衰しがちな食欲を増進させる効果もあるのです!

【なす】も水分量が多く、体を冷やす野菜として有名ですね!
栄養価の含有量も多くはないですが、ビタミンB群・ビタミンC、カリウム、鉄、食物繊維など幅広く栄養素を含んでいます。

なすの注目すべき点は、アントシアニン系色素です。
抗酸化作用があり、老化の予防にもなるうえに眼精疲労に効くと言われています。
近年はスマホの普及もあり、疲れ目の方が年々増えているそうです。
パソコンやスマホの画面を良く見る方に良い野菜ですね!

【とうもろこし】は野菜なのに主成分が炭水化物という異質な野菜です。
しかし、ビタミンB1、B2、Eなどのビタミン群、カリウム、マグネシウム、食物繊維などバランスよく栄養素を含んでいます。

その他夏野菜に比べれば、ビタミン類が少ないのですが、食欲が減衰する夏に主食としても食べられる世界三大穀物なのです!

特に食物繊維が豊富で、一つ一つの実を包んでいる皮は食物繊維の宝庫と言われるほど。
その含有量はさつまいもの約4倍!
便秘の予防・改善など、腸内環境を整えるのにも活躍してくれますね!

荒れた胃腸を守ってくれる野菜!

冷たい飲み物をがぶ飲みしたりなど、夏は胃腸が荒れたり弱ったりしがちです。
そんな胃腸に優しいのはネバネバした野菜たち。【オクラやモロヘイヤ】などが有名ですね!
モロヘイヤは野菜の王様と言われているほどの栄養価が含まれています。

特に食物繊維が豊富で、胃腸を整えてくれる効果がありますよ♪

ネバネバ野菜以外ですと【大根・かぼちゃ】が良いですよ!
【大根】は夏野菜では無いのですが、年間を通して出回っている野菜です。

根っこの部分に消化酵素のジアスターゼという成分が多く含まれています。
その他グリコシダーゼなどの酵素が、食物の消化を助け、腸の働きを整えてくれます。

【かぼちゃ】には、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンAが多く含まれています。
ですので、胃腸はもちろん、鼻や喉などの粘膜もいたわってくれますよ!

かぼちゃの栄養素は、皮や皮に近い部分が豊富に含まれています。
さらに、種にも栄養がありますよ!
種には皮膚や髪、味覚などの障害を防止する亜鉛や、ミネラルが豊富に含まれています。

種って料理に使えるの?って思う方多いんじゃないですか?
そんなことないんです!かぼちゃの種は美味しいおつまみになりますよ!
レシピは検索すると沢山出てきますので、是非チェックしてみて下さい♪

最後に

いかがでしたでしょうか?

夏にたっぷり栄養を含んだ夏野菜。
栄養が高いだけでなく、より美味しくなっています。

今回紹介した他にも、夏野菜は沢山あります。
たくさん食べて、夏バテ予防・対策、さらに疲れにくい体にしましょう!

暑い夏がやってきますが、夏に負けない様な食生活を送り、楽しい夏を過ごしましょう!