ライフスタイル

テレビ選びはサイズを見れば大丈夫!テレビ推奨視聴距離についての解説

テレビの推奨視聴距離という単語。
一度は耳にしたことがある方も多いと思います。

名前の通り、テレビを快適に視聴するために推奨されている距離であり、テレビをより大迫力で、よりキレイな映像で楽しめる距離と言われています。

お部屋に合ったテレビ選びをするときに大事になってくるポイントの一つでもありますね。

今回は、そんな推奨視聴距離についてわかりやすくまとめてみました。

これからテレビの新規購入や買い替えを検討している方等の参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

そもそも推奨視聴距離とはなんなのか

冒頭では快適に視聴するための距離と書かせていただきましたが、なにをもって快適と言っているのでしょうか。

わたしたち人間にはそれぞれ感じ方の違いがありますし、なにより視力が違います。

では、この快適に視聴するための距離とはなんなのか。
それは、テレビの画面がチラつかず、なおかつ大迫力で楽しめる距離が快適な視聴距離なのです。

例えば、スマホ、パソコンなんでもいいので画面が表示された状態で顔を思いっきり近づけて見てください。
画面がぼやけたり文字がチラついて、なにがなんやらわからない状態になったことでしょう。

これはピントが合っていなかったりも原因なのですが、近づけば近づくほど画素が目立って見えてしまうのです。

上記の例はかなり極端なものですが、要するに近づけば近づくほど画面が荒く見え、美しい画質で楽しめないといったことになってしまいます。

では、今度は離れすぎたらどうでしょう。

こちらは試す必要もないですね。
離れれば離れるほど迫力を失い、しまいにはなにも見えません。

近すぎてもダメ、遠すぎてもダメ。
こういった事情から、そのサイズのテレビを最も大迫力で、なおかつ繊細で美しい映像が楽しめる距離が推奨視聴距離というわけです。

次は、テレビサイズによる推奨視聴距離についてです。

テレビサイズと推奨視聴距離の関係

前項で推奨視聴距離については理解できたかと思います。
では、どのサイズならどれくらい離れればいいのか、という疑問が生まれてきますね。

結論から言いますと、一般的にテレビの画面高さの約3倍と言われています。

例えば、40インチテレビであれば画面の高さが大体50cmなので、50cm×3=150cmという事になります。

ここで注意したいのは、”画面のサイズ”という点。
ネットショッピングや家電量販店なんかでテレビのスペックを見てみると、”高さ〇〇cm”というものをよく見かけます。

書き方にもよるので一概に言えませんが、あの高さとは画面の高さではなくテレビの淵まで込みの高さです。
製品によっては、テレビの足まで含んだものもあるかもしれません。

推奨距離は”テレビ画面の高さ”ですので、これでは計算が出来なくなってしまいます。

そんなときはインチに注目しましょう。
このインチは画面のサイズを表しているものなので、これがわかれば大体の高さがわかってきます。

しかし、〇〇インチと聞いてパッと高さが思い浮かぶはずがないですよね。
そこで、インチ数と画面の高さについて表にしました。

インチ数画面高さ(cm)推奨視聴距離(cm)
20インチ24.874.4
24インチ29.889.4
26インチ32.396.9
28インチ34.8104.4
32インチ39.8119.4
37インチ46138
39インチ48.5145.5
40インチ49.7149.1
43インチ53.5160.5
45インチ56168
48インチ59.7179.1
49インチ60.9182.7
50インチ62.2186.6
55インチ68.4205.2
60インチ74.6223.8

現在販売されている主なテレビサイズのみに絞ってあります。
推奨視聴距離も同時に記載させていただいたので、参考にしてみてください。

4Kテレビと視聴距離の関係

上記した視聴距離のお話は、全てフルハイビジョンテレビのものです。
最近は4Kテレビも数多く販売されており、4Kテレビの場合はその視聴推奨距離も変わってきます。

これは4Kテレビの画質に関係していてるのですが、そもそもなぜ4Kテレビは高解像度、所謂画質が良いのでしょうか。
これを知るには”画素数”というものから説明しなければならないのですが、みなさんこの画素数とはどういった意味かご存知ですか?

画素数とは画の素になる点の数。
映像とはこの点の集合で表現されており、点が多ければ多いほど細かな表現できるのでより高画質となるわけです。

昔ながらのドット絵を思い浮かべていただければわかりやすいと思います。
ドット(点)の数が少なければ非常に粗い映像になりますし、それを拡大すれば更に粗くなります。
逆にドットの数が多ければ、きめ細やかな映像となり、拡大しても粗くなりにくいです。

4Kテレビはフルハイビジョンテレビの約4倍もの画素数を誇っているので、従来のテレビよりも高画質で楽しむことが出来るのです。

また、画素数が多いので拡大しても映像が粗くなりにくいということから、推奨視聴距離はフルハイビジョンテレビより更に近いのです。

4Kテレビの場合は大体、画面高さの約1.5倍と言われています。

インチ数による画面の高さは4Kだろうとフルハイビジョンテレビだろうと変わらないので、上記表の画面高さに1.5倍をかけたものが4Kテレビの推奨視聴距離となるのです。

まとめ

フルハイビジョンテレビは画面高さの約3倍。
4Kテレビは画面高さの約1.5倍。

上記がテレビをより快適に視聴できる推奨視聴距離となっています。

実際にその距離で視聴してみればわかるのですが、人によっては「近すぎる!」と感じる方もいるかと思います。

あくまで”推奨”視聴距離です。
最初にも触れましたが、わたしたち人間はそれぞれ感じ方が違います。

ですのでサイズ選びの”一つの目安”として考えれば、よりよいテレビ選びが出来ることかと思います。

これからテレビの購入や買い替えを検討している方などの参考になれば幸いです。