ライフスタイル

朝起きれない方へ・・・。自律神経から見る快適に目覚める方法

『前日、どれだけ寝ても起きれない。』
『大事な用事がある時でも、寝坊してしまう。』

そんな悩みで困っていませんか?

目覚めが悪い原因は様々ありますが、一つの大きな原因として【自律神経の乱れ】が考えられます。

自律神経が乱れると充分な睡眠を得る事が出来ず、結果的に「起きられない」といった事に繋がるのです。

今回は【自律神経の乱れ】にスポットを当てて、朝の目覚めに困っている方へ原因から対処法までわかりやすく紹介していきます。

自律神経の乱れとは?

まずは自律神経について知る事から始めましょう。
自律神経とは、自身の意識とは関係なく体の機能をコントロールしている神経の事です。

わかりやすく言うと、手や足を動かすといった事は意識すれば出来るものであるのに対し、内臓を動かす・血液を循環させるといった事は意識しても出来ません。

この”意識しても出来ない事”すべてを司っているのが、自律神経という訳です。

自律神経は、【交感神経】【副交感神経】と呼ばれる二つの働きの神経からなりたっており、両者がバランス良く働く事で健康状態を保っています。


交感神経は主に日中に働く神経です。
活動している時などに働く神経であり、素早く反応して行動できるようにしてくれる神経ですね。

またストレスや緊張を感じると働く神経でもあり、大舞台でのスピーチや誰かに怒られている時などは交感神経の働きがピークに達しています。

この交感神経が働くと、動悸が早くなったり血圧が上がったりします。


副交感神経は休息・リラックス時に働く神経です。
睡眠中や入浴中に働き、栄養や酸素が全身にいきわたり体の修復を行ってくれます。

脈拍も落ち着き、血圧も低くなります。
血管も広がるので、そのお陰で体が充分に回復するというわけですね。


この二つの神経のバランスが崩れると、疲れやすい・微熱・倦怠感・疲労感・不眠から、さらに大きな病気に至ってしまう事もあります。
今回は”朝の目覚め”にスポットを当てていますので、【不眠】という点を中心にお話していきます。

なぜ自律神経が乱れると不眠に陥ってしまうのか

起床時の正しいリズムとして、起きると交感神経が優位に働き、眠りに向かうときは副交感神経が優位に働くのが自然なリズムです。

自律神経による不眠の場合、多くの方が交感神経が働き過ぎている事が原因です。

交感神経と副交感神経はシーソーのような働き方で、どちらか一方が強く働いているともう一方は充分に働くことが出来ません。

ストレス社会で働いている現代人は、交感神経ばかりが働き過ぎている傾向にあります。

こうなると体を回復させるための副交感神経が充分に働くことが出来ず、眠ろうとしてもなかなか寝付けなくなってしまうのです。

すると余計に疲れが溜まり、不眠のストレスから更に交感神経を働かせてしまう事になり非常に悪循環となってしまいます。

就寝前の夜、疲れているのになかなか寝付けないといった事はありませんか?
または充分な睡眠時間を取っているのに、疲れが全くとれないと感じる事はありませんか?

このような方は交感神経が働き過ぎている可能性があります。
そもそもの睡眠が足りておらず、またその質も体を回復させるに値しないほど悪いので結果的に”目覚めの悪さ”に繋がっているのです。

こういった方が朝、快適に目覚める為には【就寝時に副交感神経を優位に働かせてあげれば良い】のです。

副交感神経を優位に働かせる方法

様々な方法がありますが、ここでは就寝前に簡単に出来る方法をご紹介します。

  • お風呂にゆったりと浸かる

日々の家事や仕事に追われる忙しい方は特にそうだと思うのですが、毎日の入浴をシャワーだけで済ませていませんか?

シャワーは交感神経を刺激してしまうので、あまりよろしくありません。

食後1時間以上~睡眠1時間前を目安に、38℃くらいのややぬるい温度で30分程ゆったりと浸かりましょう。

熱すぎる温度と長時間の長風呂は逆に交感神経を刺激してしまうので逆効果です。
ご自身が最も気持ち良いと感じる温度で、適度にゆったりリラックスしましょう。

  • 軽いストレッチを行う

運動も副交感神経を優位に働かせる効果があります。
また同時に、筋肉をほぐしてあげるとなお効果的です。

ですので、激しい運動ではなく軽いストレッチを行うと良いですね。

一番は誰かにマッサージをしてもらう事ですが、毎日通うのはなかなか難しいですし就寝前にするのは無理があるというもの。

ガチガチになった筋肉をほぐし、軽い運動にもなるストレッチが最適という訳です。

  • ホットハーブティを飲む

水分を摂ると消化器系を刺激してくれますので、こちらも効果的な方法です。
ですが冷たいお水を飲むのではなく、温かいハーブティがおすすめです。

まず温かい飲み物は体の深部体温を上げ、下がり始めた頃に眠気を感じるようになるので自然な入眠をサポートしてくれる効果があります。

そしてリラックス効果の高いカモミールやラベンダーなどのハーブの香り。

ヨーロッパでは古くから“芳香療法”として用いられており、自律神経にはたらきかけて自然治癒力を高めてくれると言われています。

ホットハーブティがが無理なのであれば、あたたかい紅茶やウーロン茶でも構いません。

もちろん、ハーブの香りが苦手なのであれば無理をする必要はないですよ。

最後に

いかがでしたか?
今回は【自律神経の乱れ】にスポットを当てて、朝起きられない原因と対処法をご紹介させていただきました。

ストレス社会で働く現代人は、交感神経が働き過ぎています。
無理矢理に切り替えるのはかなり難しいと思いますので、今回紹介した方法で出来るだけ”リラックス”出来るように心掛けてください。

副交感神経が働くからリラックス出来るのではなく、リラックスしているから副交感神経が働くのです。

今回紹介した方法以外にも、あなた自身がリラックスできる方法であれば何でも構いません。
そうすれば自然に体のバランスも整ってきますので、質の良い充分な睡眠がとれるはずです。

結果的に朝も起きられるようになると思いますので、朝の目覚め悪いと感じている方はぜひとも意識してみてください。

それでも酷い場合は、何か別の病気を発症している可能性も否定できませんので病院を受診した方が良いかもしれませんね。

自律神経のバランスは、健康な体を保つのに必要不可欠です。
いつまでも健康でいられるように、しっかりと自律神経を整えてあげましょう。

⇈おすすめハーブティ&リラックスアイテム⇈