豆知識・雑学

エアコン掃除は自分で行うのと業者に頼むのどっちが良いの?

これから夏真っ盛りを迎える今、しっかりとエアコンの掃除や点検を行ってキレイにしておきたいですよね。

エアコンの掃除を怠ると、電気代がかさむ原因になったり、内部にカビが発生して悪臭の原因になったりしますので、定期的に掃除は行いたいものです。

ところで皆さん、エアコンの掃除や点検って、いつ・どのくらいの頻度で行っていますか?
また、自分で行う掃除と業者で行う掃除、どの様に違うのでしょうか?

今回は、その辺りについて解説したいと思います。

なぜエアコン掃除をした方がいいのか

エアコンの熱交換機や、送風するためのファンには湿気があり、その周辺にはカビが生えやすくなっています。
カビは胞子ですので、そのカビの生えたエアコンを使用すると【胞子をばら撒く】ことになるんです。

その他、フィルターはハウスダストや花粉などがたくさん溜まっています。
そしてこれらのせいでフィルターが目詰まりしていると、電気代がかさむ原因になりますので、定期的な掃除をする必要があるのです。

これから夏本番を迎えますので、かなり使用頻度が高くなるのではないかと思います。
きちんと掃除してから使用したいですね。

 

エアコンの掃除はいつ行えばいいのか

しっかりと掃除するのなら春・秋がベストなタイミングです。
なぜなら

春は冬に使った汚れが溜まっているから、秋は夏に使った汚れが溜まっているから

です。春と秋はあまり使用しないと思いますので、この2シーズンのうちに掃除しておくと、夏と冬をキレイなエアコンで過ごす事ができるのです!

もちろん、業者に掃除を頼むのも春か秋がベストです。

大手空調機メーカーのダイキンによると、暑さが本番を迎える7月はエアコンの修理・点検の問い合わせ5月の4倍に跳ね上がるそうです。
そうなると、修理も遅くなったり、スケジュールと合わなかったりで中々修理できなくなります。

ですので、5~6月の早めからエアコンの試運転をして、故障が無いか確認しておく事が大切です。

春や秋は業者も混んでいない為、低価格キャンペーンなどをやっている所も多く、その分お得になりますよ!

ちなみに、エアコンフィルターは簡単に掃除が出来ますので、夏や冬の間でも使用しない時があったら、2週間に1度程度掃除する方が良いですよ!
その方が冷房や暖房も効きやすくなります♪

エアコンの試運転の方法について

皆さんエアコンの試運転は行っていますか?
夏や冬の修理・点検は非常に混むと上述しました。
しかし異常に気付くためには、使用してみないと分かりませんよね!

エアコンの試運転を行わず、使用するときになって異常に気付くという方が非常に多いです。
夏を快適に過ごすため、試運転は絶対にしておおいた方が良いでしょう。

自分でもできるエアコンの点検・試運転について説明したいと思います。

まず、温度設定を16~18℃に設定し、冷房運転を10分ほど行います。
この時、冷風がちゃんと出ているか・異常ランプなどが点いていないかを確認しましょう。

そのまま30分程度運転させます。
この時、エアコン本体から水漏れが無いか・エアコンの異音、異臭が無いか・室外機のコンプレッサー(圧縮機)もきちんと作動しているかを確認しましょう。

もし、ランプの点滅や、異臭・異音が発生した場合は販売店、メーカーに問い合わせをする方が良いでしょう。

早め早めの準備が夏を快適に過ごす秘訣です!

 

自分で行う場合と業者で行う場合の違い

では、自分で掃除を行う場合と業者に頼む場合、どの様に違うのでしょうか。

  • 手間について

慣れていない方ですと、自分で行うのは相当手間が掛かるかと思います。
フィルターに掃除機掛けをする程度でしたら問題ないかと思いますが、部品を外したり、付けなおしたりするなど、初心者では時間が掛かってしまう事必至です。

そして、もし壊してしまった時に多額の費用が掛かってしまう事もあります。

その分業者は素早いですし、隅々までキレイにしてもらえます。
壊してしまう事もまず無いと思われます。
壊すのが怖い!という方や、面倒なのは嫌だ!という方は業者に頼るのが一番だと思います。

  • お金について

手作業にも良い事はあります。
まず1番はお金が掛からない事ですよね。

業者ですとオプションなどもありますが、普通の清掃だけですと12,000円程度が相場になっているようです。安い所ですと1万円以下の物もあるようです。

しかし、手作業で済ませるならば3,000円程度で済みます。
業者の約4分の1の値段で済みますので、非常にお財布に優しいですよね。
使用する道具は

この様に、気軽に手に入る道具でお掃除が出来ます。

  • キレイさについて

自分での掃除では、分解するのは限界があります。
ファンとフィルターだけであれば、比較的簡単に取り外せてお掃除できますが、内部までとなると、慣れていない方は中々難しいです。

業者であれば、カビ落としなども行ってくれますので、細部までキレイになります。

自分でやるにしても、無理のない範囲にしておく方が無難かと思います。

 

この様に違いは色々ありますが、節約したい方は自分で清掃の仕方を覚えてみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結局、自分で掃除するのと業者に頼むのどっちが良いかと聞かれたら、私は断然業者での清掃をおすすめします。

細部までキレイになるのはもちろんですが、頼む時期さえ間違えなければキャンペーンなどで安くなっていることも多々あります。
それらを有効活用して、しっかりクリーニングしたいですね。

普段は自分で掃除して、何年かに1回業者に頼むなどでも良いかもしれませんね!