豆知識・雑学

熱中症が夜に!?最近急増中の夜間熱中症の原因と対策!

これからいよいよ夏本番!
皆さん熱中症対策は万全ですか?

実は熱中症って外の気温が上がる昼間だけに起こる症状ではないんです!
夜間熱中症って聞いた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

寝ている最中に起こるので、発症率が非常に高い【夜間熱中症】について、今回は原因と対策を考えていきます。

夜間熱中症とは

夜間熱中症は、主に寝ている時に起きる熱中症の事です。

熱中症の発症率って屋内と屋外、どちらの方が高いか知っていますか?
正解は屋内です。しかも9割ほどの患者さんが屋内で熱中症を発症しています。

熱中症が起こる原因として

  • 体温が上昇する事
  • 体内の水分が少なくなっている事

があります。

寝ている時には気が付かないので、その都度水分補給やエアコンを付けるなど暑さ対策も出来ません。
ですので発症率が非常に高いんです!

夜間熱中症で気を付けるべき事

基本的に症状や原因は皆さんがご存知の熱中症と同じです。
しかし昼間と違い、自身で体調の変化に気づかない事が怖い所。

そこで夜間熱中症にならない為、気を付けるポイントを書いていこうと思います。

室温が高い

熱中症を語るうえで、室温は切っても切り離せません。
夜間の気温には地域差が大きく出るのですが、都会の場合は熱帯夜なので夜間でも気温が高いです。

夜間でも25℃以上ある事が普通なので、エアコンは必須でしょう。

住んでいる部屋やお家によっても室温は変わってきますが、夜になって気温が下がったからエアコンはやめておこう、と思い消してしまうと、夜間にドンドン熱気が貯まっていくことになるので注意が必要です。

ですので、就寝中も無理にエアコンを消すというのはやめましょう。
窓を開けていたら涼しい、と感じる地域は良いですが、熱帯夜の地域では嫌でもエアコンを付けたまま眠る事を推奨します。

寝ている時は大量に汗をかく!

特に夏は寝ている時に沢山汗をかくと思います。

汗には自分の体温を下げる体温調節の機能があります。
汗をかいて、その汗が蒸発すると体温が下がるという仕組みなんです。

つまり、出た汗を蒸発させられないと体温が下がらないという事です!

エアコンや扇風機など、風があると汗は蒸発しやすく体温も上がりにくいです。
窓を開けて、自然な風を取り込むのも良いでしょう。

とにかく汗が蒸発できる環境づくりをしましょう!

眠ったとしても、眠っている間に体温は上昇してしまいます。
それに気が付かないでいると、体に熱がこもったままに。

寝ている時は体調の変化にも気が付かないので、日中よりも無防備で危険なのです!

湿度が高くても熱中症になる

熱中症対策では、湿度に気を付けている方が非常に少ないように思います。
しかし、湿度も熱中症になる原因の一つ。

湿度が高い状態と低い状態では、同じ気温でも高い状態のほうが発症しやすくなるんです。

特に都会は湿度が上がりやすく、不快指数(蒸し暑さの指標)が非常に高い地域が多いですよね。

湿度が高いと、体が乾きません。
湿気で放熱が妨げられることにより、熱が体内にこもってしまうのです。

汗を沢山かいても、乾かなければ放熱されません。
ですので室内の湿度を考える事も、夜間熱中症にならない為の環境づくりの一つと言えますね!

体にある水分量が減る

人間の体の約6割程度が水分で出来ていると言われています。
それだけあるにも関わらず、全体の1~2%減るだけで脱水症状が起きてしまいます。

発汗によって体温を下げる訳ですが、その発汗により体内の水分が無くなっていってしまいます。
夏場、人間は寝ている時に500mlもの汗をかくと言われています。

寝ている間は当然ですが水分補給は出来ません。
寝る前にしっかり水分補給を行う事で、発汗による脱水症状を抑えましょう!

寝る前にスポーツドリンクをコップ一杯飲む。
そして枕元などにもコップ一杯水分を置いておきましょう。

沢山汗をかいた時や、寝苦しくて途中で起きてしまった時などはそれでしっかり水分を補給する様にしましょう!

夜間熱中症にならない為に

上記でも少しだけ書きましたが、夜間熱中症にならない為の対策を書いていきます。

エアコンを使用する

室温は低すぎても高すぎてもいけません。
喉を傷めたりしない程度の適温で使用しましょう。

エアコンのドライを使用すると、湿度の調整もある程度出来るので便利です!

エアコンの無いご家庭は扇風機で代用です。
しかし体温よりも暖かい風が送風されていては、扇風機も意味が無くなってしまいます。

そんな時は熱が出た時に使う、【熱さまシート】などを併用し、体温を下げるようにしましょう。

わきの下や首など、太い血管が通っている個所に貼るとより効果が期待できます!

寝る前には必ず水分補給

寝る前にコップ一杯のスポーツドリンクを飲むことを推奨しています。

しかし寝る前に水分補給をすると、トイレが気になってしまうかもしれません。
冬場と違い、汗でほとんどの水分を出すので冬場よりは気にならなくなります。

上述したように、夏場寝ている時は500mlの汗をかくと言われています。
トイレに行く回数が増えてしまったとしても、寝る前には必ず水分補給をしましょう!

冷えすぎたものではなく、出来れば常温に近いような温度で飲むことをおすすめします。

最後に

夜間熱中症は自分が気が付かない内に発症するせいで、1人暮らしの高齢者の方が発症しそのまま死に至るケースも多く出ています。

多くがトイレを気にして水分補給が出来ていないので周りに高齢者のいる方は、しっかり声掛けをしてあげる事も大切です。

若者の間でも脱水症状などの軽い症状を発症している人は沢山います。
普段からあまり水分補給をしない、喉が渇かないという方は気を付けましょう。
意識して水分補給をする事が大切です。

熱中症は正しい予防策さえ知っていれば、必ず防げる病気です。
きちんと知識を持ち、夜間熱中症に備えてください。