カー・バイク用品

コスパ最高!低価格で性能の良いレーダー探知機おすすめランキング!

車を購入した際、次に欲しいカー用品として名前が挙がるのがカーナビかレーダー探知機かと思います。

しかしカー用品に特別こだわりが無く、お金を掛けたくない方も多いのではないでしょうか?

 

今回は新しくレーダー探知機を購入する方、そしてコスパの高さを求める方に、

【低価格で性能の良いおすすめレーダー探知機】

を紹介していきたいと思います。

 

おすすめレーダー探知機ランキング

今回レーダー探知機を選ぶポイントとして私が特に注目したのは

  • 上位モデル同様レベルのGPS機能
  • 1万5千円以下のモデル
  • センサー類がどれだけついているのか

 

の3つの部分です。

この3つが揃えば、まず間違いなくコスパの良い高性能レーダー探知機と言えます。

 

では早速ランキングに参りましょう。

 

第5位 セルスター  レーダー探知機 ASSURA(アシュラ) VA-810E

価格:10,880円(17年8月現在)

セルスターと言えば【JAPAN QUALITY】をセールスポイントにしている企業です。

ほぼ全ての製品で国内生産・開発を行っており、日本製という安心感がありますね。

 

VA-810Eの特徴は非常に速いGPS測位システム。

電源を付けてから約10秒の高速測位で自車位置を特定し、発進直後のオービスも見逃しません。

 

センサー類など目立った機能は付属していませんが、レーダー探知機として必要最低限の機能はしっかり有しています。

 

セルスターはデータ更新が無料という事もコスパの高さを更に上げています。(別途microSDは必要)


※引用元:セルスター公式ページ

余談ではありますが、待ち受け画面がカッコいいという評判もあります。

 

現在AmazonよりもオートバックスYahoo!店が1万円を切る価格で販売中です。

購入を考えている方は、こちらも参考にして下さい。

オートバックスYahoo店

 

第4位 ユピテル レーダー探知機 SCX-R326

価格:9,560円(17年8月現在)

このSCXR-326は2014年モデルながら、未だ高い人気を持っています。

その人気の秘密は1万円を切る低価格という事が大きな要因でしょう。

 

レーダー探知機のデータ更新内容自体は最新機種でも14年モデルでも勿論変わりません。

なので元々のレーダー探知機としての機能が優れていれば、最新モデルでなくとも十分な性能なのです。

 

SCXR-326は全59基の衛星から高速測位。

地下駐車場などから出た場合でも、素早く、そして正確に自車位置を特定してくれます。

 

センサー類はGセンサーを搭載。

Gセンサーは電波が悪くなっても自車速度の変化を検知するセンサーです。

Gセンサーがある事で、山間部やトンネルなどでも自車速度からオービスまでの距離を特定し、警報してくれます。

 

ユピテルの製品はデータ更新に年会費4,860円(税込)が掛かってしまいます。

4,860円分ユピテルのポイントとして還元されるので、そのポイントで何か他の買い物をしてもよさそうですね。

 

スペック表だけでは測れない部分ですが、ユピテル製品は誤警報の少なさが特徴。

他社製品は警報がありすぎて、うるさい道なんて時もありますが、ユピテル製品は基本1度通った道の誤警報は次回からキャンセルされます。

 

ランキングの順位はスペックを見て決めていますが、ユピテル製品にはこういった特徴もあるという事は覚えていてください。

 

第3位 【Amazon.co.jp限定】 セルスター レーダー探知機 VA-820EZ

価格:11,980円(17年8月現在)

VA-820EZの特徴は、この価格ながらOBDⅡに対応している所。

OBDⅡとは【車両情報取得機能】と呼ばれ、

  • メーターよりも正確な速度が把握できる
  • ハイブリッド車専用に低燃費走行するために必要な情報が取得できる
  • 車速感音ドアロックで20km以上の速度がでるとオートドアロックが掛かる。
  • 待ち受け画面の種類が更に多くなる
  • 電波の悪い状況でも、車両情報からより精度の高い自車位置測位を実現

 

などの特徴があります。

 

これらは使うOBDⅡアダプターの機種や車種にもよるので一概には言えませんが、あると便利な機能であることは間違いありません。

 

OBDⅡアダプタは別売りとはなってしまいますが、興味のある方は取り付けてみては如何でしょうか?

本体性能自体は、5位で発表したVA-810Eと然程大きな差はありません。

 

第2位 コムテック レーダー探知機 ZERO 602V

価格:12,980円(17年8月現在)

現在Amazonではベストセラー1位の商品となっています。

その売れ行きに恥じない、非常に高性能なレーダー探知機となっています。

 

最近になって導入され始めた【移動式小型オービス】に対応。

これは生活道路など従来設置出来なかった場所への設置が可能なオービスです。

設置されていた場所をGPSで警報してくれます。

 

センサーはGセンサーを搭載。

トンネル内など電波の悪い所でも、しっかりと警報してくれます。

 

OBDⅡにも勿論対応しています。

 

2016年モデルなだけあって、低価格帯ながら他にもかなり多くの機能が備わっています。

安さにこだわりすぎて古い製品を買うよりは、これ位の価格を妥協点にしてある程度新しい物を購入した方が、後悔は無いかと思います。

 

フォルムもどんな車にも合う様に、シンプルなブラックとなっています。

取り付けもサンバイザークリップを使って上部に取り付けたり、そのままダッシュボードへ取り付けることも出来ます。

 

コストパフォーマンスは非常に高い機種だと言えるでしょう。

 

第1位 ユピテル レーダー探知機 A30

価格:11,000円(17年8月現在)

栄えある第1位は、ユピテルのA30を選ばせて頂きました。

コチラは2016年モデルながら、価格が落ちてきて非常にコスパの良い製品となりました。

 

先ほどと同じく【移動式小型オービス】に対応。

 

A30は設計から生産まで全て国内で行われています。

お買い上げから3年保証となっており、安心して使用することが出来ますね。

 

センサー類はGセンサーを搭載しています。

 

レーダーのスペック自体は2位の602Vと大きく変わる所はありません。

では何故1位にコチラを選んだのか。それは

【誤警報カット インテリジェントキャンセル】が付いているためです。

 

インテリジェントキャンセルは、手動での登録なども無しに自動ドアなどが原因の誤警報を次回からキャンセルしてくれる、ユピテルの特許技術です。

 

4位のSCX-R326でも説明しましたが、ユピテル製品はこのおかげで誤警報が断トツで少ないです。

なのでその便利さから1位にしました。

 

価格も勿論そこまで高くないので、データ更新に年会費を払っても良いという方はこの機種が1番おすすめです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はコスパの良い低価格のエントリーモデルを紹介していきました。

 

エントリーモデルといえど、上位に全く劣らないレーダー機能を誇る機種も多くなってきました。

 

最近の上位モデルはレーダー探知機としての機能よりも、その他の付加価値で価格が上がっている事が多いです。

 

なので特別こだわりの無い方は、型落ちエントリーモデルを選ぶと良い買い物が出来るのではないかと思います。

 

他にも各メーカー毎におすすめを紹介していますので、良ければご覧ください。

あわせて読みたい
【2017年最新版】車に付けたいユピテルのおすすめレーダー探知機!車を買った際、取り敢えず付けたいものとしてカーナビ・レーダー探知機・ドライブレコーダーが挙がるかと思います。 レーダー探知機は無く...
あわせて読みたい
【2017年最新版】コムテックのおすすめレーダー探知機!車に付ければおしゃれも安全も!皆さん安全・安心な運転を促してくれるレーダー探知機は付いていますか? 安全だけでなく、意外と車に付ければおしゃれに見えるレー...
あわせて読みたい
車に付けるセルスターのレーダー探知機おすすめ【2017年最新版!】楽しいドライブ中にオービスが光った日にはもう最悪・・・。 テンションがた落ち、お金まで払う事になってしまいますよね。 そんな事を...