キッチン家電

美味しく炊ける!お買い得な炊飯器NP-VN10-TAは保温機能も凄い!

毎日食べるものだから、ご飯は美味しいものが良いですよね。

美味しいご飯を炊くのであれば、良いお米と良い炊飯器が必要になってきます。

 

そこで今回は、そんな良い炊飯器の一つである象印 IH式5.5合炊き炊飯器 NP-VN10-TAのご紹介です。

美味しく炊き上げるだけでなく、その後の保温にまでこだわった人気の炊飯器ですよ。

機種スペック
・サイズ:幅25.5×奥行37.5×高さ20.5㎝
・重量:4kg
・炊飯容量:0.5~5.5合
・消費電力:1105W
・コード長さ:1m

Amazon:12,869円 楽天市場:12,978円 (17年9月現在)


高火力のIH炊飯器!

現在の炊飯器というものは、大きく分けて「マイコン式」「IH式」の2種類*があります。
※最上位モデルとして「圧力IH式」というものがありますが、中身はIH式に圧力機能を付加しただけなのでここでは「IH式」と一括りにしています。

両者の違いは加熱方式という点だけなのですが、結論から言ってしまうとIH式炊飯器の方が美味しいご飯が炊けます。

というのも、昔からの言い伝えである「はじめちょろちょろ中パッパ」という美味しいご飯を炊き上げる理屈が実現できるからです。

 

これは要するに火加減の問題ですね。

炊き始めは弱火で、お米にじっくりと水分を吸収させたのち強火で全体を一気に加熱し沸騰させる。

沸騰を維持しつつ、仕上げの炊き上げはまた高火力で一気に水分を蒸発させ、最後は高温でしっかり蒸らしておくというものです。

 

マイコン式ではこのような細かな火力調整が出来ませんが、IH式であれば可能です。

 

NP-VN10-TAはIH炊飯器なので、もちろん美味しいご飯を炊くことが出来ます。

また独自の「黒まる圧釜」でお米の対流を良くし、釜全体→お米全体としっかり熱を伝えてくれるのもふっくらしたご飯が炊ける秘密です。

 

炊き上げ後にもこだわった2つの保温機能

炊き上がったご飯は時間が経てば経つほど、どうしても味が落ちてしまいます。

そこで、NP-VN10-TAは炊き上がったあとでも出来るだけ美味しさを維持するために2つの保温機能があるのです。

 

まず一つ目はうるつや保温

これはIH式の優れた温度管理能力を活かし、炊き上がったご飯に最適な温度で保温してくれるという機能です。

こちらの保温機能を使えば、乾燥や変色などの劣化を抑えて約30時間の保温が可能となります。

 

次に高め保温

こちらはその名の通り、よりあたたかいご飯をすぐに食べたい方向けの保温機能で、長時間保温にありがちなご飯のニオイの発生を抑えてくれます。

しかし、高い温度で保温するという事は乾燥しやすので、保温時間短めの12時間です。

 

保温だけでなく、再加熱機能も備わっているのでいつでも好みの美味しいご飯がいただけそうですね。

時間に余裕があるのであれば、基本はうるつや保温→再加熱が最も美味しくいただけるのではないかと思います。

うま味を最大限に引き出す熟成炊き

ふっくらと甘く、美味しいご飯を炊く秘訣は水分をしっかりと吸水させる事です。

NP-VN10-TAに備わった「熟成炊き」という機能は、時間を掛けしっかりとお米を水に浸したのち炊き上げてくれるので、ふつうメニューより更に美味しいご飯を炊く事が出来ます。

こちらの機能は白米だけでなく玄米でも使用可能なので、栄養バランスを意識した健康志向の方にもおすすめです。

 

注意点としてお米の芯までじっくりと吸水させるため、炊飯時間はふつうメニューより少し長いです。

特に玄米での熟成炊きは2時間以上も掛かってしまうため、その点はご注意ください。

 

最後に

一見しただけではどれも同じような炊飯器に見えますが、美味しいご飯を炊き上げるためにメーカーそれぞれで色々な工夫がなされています。

NP-VN10-TAで言えば、それが保温機能熟成炊きでした。

 

口コミで最も多かった高評価ポイントは、『価格の割に満足!』『お買い得!』といった点でした。

確かに12,000円と言う価格(17年9月現在)は、同容量の炊飯器と比べてもかなりのお手頃価格です。

 

非常に人気の炊飯器で、Amazonベストセラーランキング上位常連機種でもあります。

炊飯器の買い替えなどを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。