生活家電

ダニ退治に効果抜群!最強の布団乾燥機AD-X80で超清潔な布団に!

快適なお布団でしっかりと一日の疲れを癒やすためには、清潔な布団が必須です。

放っておくとすぐに高温多湿となりやすいお布団は、しっかりケアして上げなければすぐにダニの温床になってしまいます。

そうなるとアレルギー性鼻炎や喘息といった事の原因にもなり、健康的にも良くありません。

 

そこで今回は、三菱 布団乾燥機フトンクリニック AD-X80のご紹介です。

ダニ対策に特化した布団乾燥機で、本気の布団ケアには欠かせない一台ですよ。

機種スペック

・サイズ:幅355×奥行161×高さ314mm
・重量:3.6kg
・電源:AC100V(50/60Hz)
・消費電力:680W
・マットありタイプ

Amazon:15,765円 楽天市場:29,016円 (17年9月現在)

本気の布団ケアはAD-X80だけ!

ホコリや人間のフケ・垢などを餌にし、高温多湿な場所で繁殖しやすいダニはお布団に約30万匹以上も存在すると言われています。

もちろん何の布団ケアもしていない前提ですが、この状態では快適に眠るどころか健康被害まで心配ですよね。

そこで、「フトンクリニック」の名を持つAD-X80の出番という訳です。

 

AD-X80に搭載されたダニ対策「ダニパンチモード」は、ダニが一瞬で死滅するといわれている約60℃の温風で一気に布団全体を温めます。

これにより布団に生息するダニをほとんど死滅させる事が出来るので、常に清潔な布団で快適に眠る事が出来ます。

 

ですが実際の所、60℃の高温の温風が出る布団乾燥機は最近の機種では珍しくありません。

では、何が「本気の布団ケア」なのかと言うと、その秘密は乾燥マットにあります。

 

通常のマットありタイプの布団乾燥機は、マットを敷き布団に敷いて、その上から掛け布団を掛けるだけのものでした。

しかしAD-X80はマットを敷き布団に覆うように巻きつけて使用する、新開発の「ヒートパンチマット」を採用しています。

敷き布団をしっかりと包み込むような新しい形態のこのマットは、布団表面だけでなく中綿までしっかりと熱を伝える事が出来るのです。

 

この「ヒートパンチマット」と約60℃の温風が出る「ダニパンチモード」と合わせる事により、他機種には真似できない本気の布団ケアが可能という訳ですね。

更に布団クリーナーと併せて使用すれば、最高に清潔な布団で快適に眠る事が出来るかと思います。

 

おすすめ布団クリーナーはコチラ!

あわせて読みたい
布団クリーナーのおすすめはコレ!代表機種を比較してみた!干したてのポカポカしたお布団は最高!! ただでさえ疲れた体を優しく包み込んでくれる気持ち良いアイテムのお布団、 干し...

 

更にはまくら用の乾燥マットも付属しているので、まくらまでしっかりと清潔にする事が出来ますよ。

まさに布団の総合クリニックであるAD-X80は、本気で布団をケアしたい方に特におすすめです。

 

オールシーズン使える便利な布団乾燥機!

1年を通して理想的な睡眠環境にするために、AD-X80には「快適温度コントロール」と呼ばれる機能が搭載されています。

これはお部屋の温度に合わせて布団の仕上がり温度を自動で調整してくれるといったもので、暑い夏には少し低めに、寒さの厳しい冬にはポカポカ温かい温度の布団に仕上げてくれます。

もちろん仕上がりの温度を調整するだけなので、乾燥はしっかりと高温で行ってくれますよ。

 

さらに便利なのは、マットありタイプでありながらもマット無しで使える「ふとんあたためモード」です。

寒さの厳しい冬場、特に冷え性の方は足元の布団の冷えが気になる方が多いと思います。

そんな季節には、ットを装着せずにホースをそのまま布団に差し込むだけで布団をぬくぬくと温かくしておくことが出来ますよ。

 

足元など一部分だけとはなってしまいますが、マット準備の手間いらずで非常に便利に使う事が出来そうです。

少し気は早いですが、これからの季節に重宝しそうな機能ですよね。

最後に

便利に手間なく使用する為に、マット無しタイプの布団乾燥機に各メーカー力を注いでいる中、あえて逆らうようにマットありタイプで勝負しているAD-X80

マットありタイプの特徴として、「布団全体にしっかりと熱を行き渡らせる」に特化した本気の布団ケア乾燥機でした。

 

特にアレルギー性鼻炎やその他健康被害にお悩みの方であれば、本気の布団ケアが出来るAD-X80が特におすすめです。

 

他にもあります!便利でおすすめな布団乾燥機!

あわせて読みたい
2017年上半期のおすすめ人気布団乾燥機5選!梅雨時期の強い味方です梅雨時期が近づいてくると、やはり頭を悩ませるのが洗濯物です。 その中でも特に、寝る為に絶対に必要な【お布団】は扱いに困るというもの...