生活家電

節約しながら衣類乾燥!パナソニック ナノイー搭載衣類乾燥除湿機 F-YZPX60

時が過ぎるのは早いもので、もうすぐ5月に差し掛かろうとしています。
5月と言えば、GWの大型連休が非常に楽しみですよね。

でも同時に、早い地域ですと梅雨入りする時期でもあるのです。

ジメジメとした湿気は、気分が悪くなるどころか健康にも悪影響を及ぼすと言われています。
生活面でも、洗濯物が外に干せなかったり、カビ対策にと非常に面倒な季節です。

今回ご紹介する パナソニック製 ナノイー搭載衣類乾燥除湿機 F-YZPX60 があればそんな面倒ともおさらば出来てしまいます。

まずは特徴からみていきましょう。

特徴
・サイズ 高さ458×幅194×奥行き352mm
・重量 5.9kg
・タンク容量 2.0L
・定格除湿能力 50Hz:5.4L/日、60Hz:5.6L/日
・コード長さ 2.1m

ナノイー搭載の衣類乾燥除湿器!

パナソニックと言えば、ナノケアドライヤーなんかでもお馴染みのナノイーです。
通常のイオンより約6倍も長持ちし、水に包まれた微粒子イオンであるナノイーは、洗濯物の除菌をしたり、気になる部屋干し臭も抑制してくれます。

お子様の衣類や肌着、タオルなんかの肌に直接触れる衣類に非常に効果的かと思います。

もともと、こういった嫌なニオイの元は雑菌が原因ですので、洗濯+ナノイーの抑制力でさらに効率よく衣類を清潔に出来るのです。

このナノイーは衣類乾燥時だけでなく、除湿モードや送風モード時でも使用することが出来るので、常に清潔な空間で快適に過ごすことが出来ますよ。

除湿機能としても優秀です。
除湿能力 5.4L~5.6L/日という非常に優秀な性能を発揮しています。

広いリビングや脱衣所、お風呂などでもしっかり除湿してくれるのです。

また、本機はデシカント方式ですので、夏場だけでなく冬場もしっかり効率を落とさず使用することが出来るのです。

冬場なんかですと結露対策ですかね。
カビや雑菌の繁殖は梅雨時期!と強く意識しがちですが、冬にも結露によって被害をもたらしてきますので、冬場の除湿も大事となってきます。

デシカント方式の本機であれば、一年中活躍してくれるのでなんだかお得感がありますね。

エコナビで賢く節約!

デシカント方式の衣類乾燥除湿器と言えば、ヒーターを使うというその除湿方式の関係上、電気代がどうしても高くなってしまうという事がネックでした。

しかしそこはパナソニック。
あの有名な【エコナビ】機能を搭載することにより、温度と湿度を約1分ごとに検知。

その変化から衣類の乾き具合を把握、衣類の量を1kgの少量まで自動で見分ける事ができるので、量と状況にあった衣類乾燥をしてくれるのです。

さらにおまかせモードを使えば、時間はかかりますがもっと節約して衣類乾燥ができます。

一回当たりの電気代は約7.6円消費電力は同社従来品と比べて45%削減と、驚くべき数値を叩き出しています。

そんなに急いで乾かなくてもいい、という方でしたらこちらのモードでさらにお得に乾燥できるのです。

さらにさらに、本機はカラッとセンサーというセンサーを搭載しています。
このセンサー、衣類の乾き具合をチェックして乾いたと判断したら自動的に運転をストップしてくれるというもの。

このセンサーがあれば、就寝中やお出掛け中にも効率よく乾燥が行えそうです。

便利機能も充実!

まずはカラッとキープモード。

雨の日など湿気がたまりやすい状態だと、衣類乾燥後に湿気戻りを起こしてしまう場合があります。

こちらのモードを設定しておけば、衣類乾燥後の適した湿度にお部屋を保ってくれるので、湿気戻りを防ぐことが出来るのです。

タンクも非常に便利になっており、持ち運びしやすく取っ手がついているのは当然のことながら、水を捨てやすい排水口が備わった形状をしていますので、こぼさず簡単に水捨てを行うことが出来ます。

本体自体も持ち運びに便利な取っ手がつけてあり、段差のない所であれば移動に便利なキャスターが備わっています。

この他にも、音ひかえめモード除湿器自体の内部乾燥モードなどたくさんの便利機能が搭載されています。

充実の便利機能で、使い心地もかなりよさそうです。


最後に

いかがでしたか?
今回は パナソニック製 ナノイー搭載衣類乾燥除湿機 F-YZPX60 のご紹介をさせていただきました。

ナノイーで清潔に、エコナビで賢く節約しながら、充実の便利機能で使い勝手にまでこだわった、これ以上ない除湿器と言えるのではないでしょうか。

除湿器自体は衣食住に必須な家電ではないですが、あるとなしでは大違いかと思いますので、まだお持ちでない方は購入した方が良いかと思います。

ぜひ、ご検討してみてはいかがでしょうか?

↑↑ご購入はこちらから↑↑