ライフスタイル

夏バテの基礎知識!つらい夏バテの原因とその対策!対策グッズも紹介しちゃいます!

夏になると食欲が無くなったり、体がだるくなったりするつらーい【夏バテ】に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

熱中症にだけはならない様、対策をしている方は多いですが、夏バテ対策をしている方はあまり見かけません。

今回はそんな辛い夏バテの原因と予防策・対策グッズを紹介したいと思います。
しっかり対策して暑い夏を乗り切りましょう!

夏バテってどんな症状?


※引用元:http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=natsubate

夏バテとは、「食欲が無くなる」「体がだるい」「疲れやすい」などが代表的ですが、ひどい症状になると「吐き気」や「めまい」などを起こすこともあります。

なんとなくでも自覚症状がでてきたら、既に夏バテ状態に突入しているかもしれません。

高温多湿な日本の夏は夏バテを起こしやすいです。
夏バテとは特定の病気を指すものではないので、明確な薬などが存在しません。

なるべく早く対策を打ち、夏バテになってしまった方は一刻も早く回復に努めましょう!

夏バテの原因ってなに?

  • 室内外の移動などの温度差による自律神経の乱れ

猛暑の屋外とエアコンの効いた室内への移動を繰り返すなど、温度差のある場所の移動や、水分補給にとジュースやアイスなど冷たい物を食べすぎる事で、次第に自律神経が乱れていきます。

自律神経が乱れる事により、体温調節機能が低下するためその結果、夏バテの症状が起こってくるのです。

  • 高温多湿による発汗の異常

高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、発汗機能が上手く働かなくなる事があります。
それにより、体温調節が上手くいかなくなります。

また、熱い夏により発汗過剰になり、体の水分が不足気味になり夏バテを引き起こします。
これらは熱中症による原因にもなります!

  • 熱帯夜による睡眠不足

夜間も温度が下がりにくい現代では、寝つきが悪くなり眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることがあります。

睡眠によって日中の疲労を回復させることが出来ず、疲れが溜まってしまいます。

 

他にも細かい原因はありますが、主な原因はこの3つとなります。
夏の生活習慣を振り返り、夏バテの原因に当てはまる項目があれば、今年の夏は気を付けてみましょう!

夏バテの予防・改善策ってなにがあるの?

ポイントは大きく分けて4つ。「バランスの良い食生活」「水分補給」「睡眠」「適度な運動」です。

夏バテを予防・改善するにはこの4つが非常に大切です。各項目に分けて見ていきましょう!

  • バランスの良い食事

夏はそうめんや冷や麦など、食べやすい炭水化物の食事に偏りがちになってしまいます。
不足しやすいたんぱく質やミネラル、ビタミンは意識して摂る様にしていきましょう。

たんぱく質を摂るには、お肉やお魚をしっかり食べる事。
豚肉やレバー、うなぎやいわしなど良いですよ!

ビタミン・ミネラルを摂るには、野菜や果物をしっかり食べる様にしたいですね。
レモンやトマト、お酢なんかがおすすめです!

バランスの良い食事と言いましたが、今回はあえて【肉と魚】を特におすすめします。
「暑い中であまり食べる気がしないよ・・・。」という方が多いと思います。

しかし、お肉に含まれる必須アミノ酸が疲れを残りにくくしてくれます。
脂でギトギトのお肉でなくとも、さっぱりとした冷しゃぶで野菜と一緒に食べる事も出来ますし、タンドリーチキンなども脂があまりなくてさっぱり食べられると思います。

お魚は、「紅ザケ、キンメダイ、桜エビ、イクラ、毛ガニ」などの魚類・甲殻類がおすすめです。

赤いお魚は「アスタキサンチン」が豊富に含まれています。
このアスタキサンチンには強力な抗酸化作用があり、疲労回復にとても優れています。

アスタキサンチンは美容にもとても効果を発揮するので、夏以外の日常生活でもドンドン摂りたい成分ですね♪

食欲があまり出ないよって方は、コショウなどの香辛料やねぎ、しょうがなどの香味野菜を積極的に摂ると食欲増進に繋がります。

  • 水分補給

水分を補給しないと、夏は脱水症状の危険もあります。
しかし、冷たい水をごくごく飲むのはいけません!

冷たい飲み物は胃腸が冷えて消化機能の働きを落としてしまい、かえって夏バテの原因となります。

冷たい飲み物を飲むときは、少しずつ、気持ち口の中で温めてから飲むと良いですよ!

冷房の効いた部屋などでは体の冷やし過ぎに注意する為、温かい飲み物を少しずつ飲むというのも効果的です。

スポーツドリンクも良いですが、夏バテという面からみると、ビタミンやミネラルなどが豊富に入った飲み物がおススメです!

トマトジュースや梅昆布茶などが、夏に最近注目されている飲み物ですね!

トマトジュースは強い抗酸化作用を持ち、その作用はビタミンEの100倍以上とも言われています。
抗酸化作用は美容にも良いですから、しっかり摂りたいですね!

こちらが私のオススメのトマトジュースです。

無塩の100%トマトジュースは市販の物より少し高く、1,500円(17年6月現在)となります。
しかし高価なだけあり、さらっとしていてすごく飲みやすいのですごくオススメです!

梅昆布茶は、梅に含まれるクエン酸が強い疲労回復効果を持ち、ミネラルも豊富に摂取できる事で、最近グッと注目されています。

手軽に水分・塩分を補給できて、胃腸の働きを整えてくれます。

さらに、新陳代謝の活性化にも効果がある事から、ダイエットでも注目されています。

こちらが私のおススメの梅昆布茶です。

460円(17年6月現在)と、値段も量も味も文句なし!持ち歩けるタイプ販売されています。
お仕事場などに持ち歩いて、気軽に飲むのも良いと思いますよ♪

  • 睡眠

疲れをとる為にはぐっすり眠る事が大切です。
夏バテを気にし過ぎて、エアコンや扇風機を付けず、寝苦しい夜を過ごすのはNGです!

エアコンは28度、扇風機などもねる前にタイマーで1~2時間作動させるだけでもかなり寝室内の環境が変わりますので、寝苦しくならない環境を作りましょう。

エアコンをつけると電気代が気になるという方はこの【冷風扇】がおすすめです。
あまり聞いた事が無いかもしれませんが、エアコンの消費電力の約半分近くで冷たい風を送ってくれます。

価格は14,400円(17年6月現在)と扇風機よりは少しお高めとなってしまいます。

エアコン程冷えないので、眠る時などにとても最適なのです!
冷風扇の詳しい説明はこちらからどうぞ!

  • 適度な運動

人は発汗することで温度調節を行っています。
夏バテを起こす原因には、汗腺が上手く働かず体温調節が上手くいっていない事も挙げられますので、汗をかく能力を高める事も大切です。

軽く汗ばむ程度の運動で大丈夫ですので、熱中症の危険のある炎天下は避け、日差しの弱い夕方や早朝での軽いランニングをおすすめします!

もちろん、汗をかいたら水分補給を忘れないようにしましょう!

 

以上4つの事を気を付けることで、夏バテは予防できます。
今年の夏は夏バテをせず元気で夏を越せる様に工夫していきましょう♪

夏バテ予防の便利グッズ紹介!

熱さは体力を奪っていく原因になりますので、炎天下の中で動かないといけない場合の熱中症・夏バテ両方に使えるアイテムを厳選してみました!

まずはこちら。クールコアタオルです。
この商品は、タオルを「濡らす」→「絞る」→「振る」の3ステップで生地が冷たくなります。

しかも、温くなってもまた振れば、すぐに冷たくなる優れもの。
一回濡らせば炎天下でもかなりの時間持つので、首に掛けておくだけで快適ですよ!

続いてこちら。瞬間冷却剤です。
袋を叩けば瞬時に冷たくなりますので、持っているととても便利な一品です。

しかし、十分に冷却できる時間は15分ほど。
一枚カバンに入れておいて、どうしても!という時に使いたいアイテムとなっています。

最後はこちら。フルーツビネガー有機りんごの酢です。

お酢は代謝を高め、疲労回復や食欲増進にも効果がありますので、夏バテ対策にとても良いんです!

今回はお食事に混ぜるだけでなく、飲めるタイプのお酢になります。
水や炭酸水で割ると、フルーティで美味しいお酢が飲めますので、是非飲んでみて下さい!

価格は756円(17年6月現在)となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
夏は夏バテの他にも、熱中症・脱水症状など危険が多いです。

様々な対策をして、予防しておく事が夏を楽しむ秘訣なので、色々な所に気を配っていきたいですね。
簡単に利用できる便利グッズから、食べたり飲んだりする対策もありますので、気軽に出来る物から対策していくのが良いと思いますよ♪

「バランスの良い食生活」「水分補給」「睡眠」「適度な運動」

この4つを意識して、今年も楽しい夏を過ごしましょう!

 

あわせて読みたい→熱中症対策!原因から予防・対策を考える