アウトドア

夏のキャンプにおすすめな人気寝袋・シュラフ5選!しっかりと眠るまでがキャンプです!

夏のキャンプに寝袋は大切なアイテムの一つです。
次の日の朝から全力で楽しむ為にも、夜グッスリと寝て疲れをとる必要があります。

ですが、寝袋と一口にいっても数多くの種類があります。

お手頃価格のものから高価なものまで、どちらにせよ使用環境を考えて適した寝袋を選ぶ必要があります。

でないと、『暑すぎて全く眠れなかった』『寝心地が悪すぎた』などなど、疲れが残ってしまいせっかくのキャンプが楽しめなくなってしまいます。

そこで今回は、夏のキャンプにおすすめの寝袋〇選をご紹介していきます。

夏キャンプ用寝袋の選び方

寝袋の種類で決める

寝袋には【マミー型】【封筒型】と2種類のものがあります。

  • マミー型寝袋


こちらは身体に密着しやすい筒型の寝袋です。
軽量コンパクトで、比較的持ち運びしやすいといった特徴があります。

トレッキングや山登りなど、荷物のかさばりや寒冷地での使用も視野に入れるならマミー型寝袋の方が良いでしょう。

  • 封筒型寝袋


一般的なキャンプ場でよく使用されているのがこちらのタイプです。
ご自宅の布団の様にゆったりとした寝心地で、その日の疲れも十分にとる事が出来ます。

連結できる製品も多く、ご家族でキャンプするなら親子で一緒におやすみになる事も可能です。

マミー型に比べて重量がありかさばりやすいといった欠点もあります。


夏キャンプで使用するのであれば、封筒型寝袋を選んでおきましょう。

特に平原のキャンプ場は夜間でもそこまで気温が下がらない為、マミー型では暑すぎて寝苦しくなってしまいます。

仮にオールシーズンキャンプを楽しむ場合にも、封筒型がおすすめですね。
というのも、3シーズン対応寝袋の多くは封筒型だからです。

気候条件が厳しい・山登りなど本格的なアウトドアを行う方であれば、マミー型がおすすめですが、ちょっとしたキャンプ等でしたら絶対に封筒型寝袋をおすすめします。

夏キャンプにおすすめの寝袋5選!

  • コールマン パフォーマー2 C10

Amazon:2,515円 楽天市場:2,580円 (17年5月現在)

・サイズ:約80×190cm
・収納時サイズ:約直径20×40cm
・重量:約800g
・材質:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
・使用可能温度:5℃以上
・快適温度:10℃

洗濯機で丸洗い可能なスリーピングバッグです。
2枚合わせれば連結も出来ますし、広々ゆったりと休むことが出来ます。

比較的重量も軽いので、持ち運びもそれほど苦に感じる事はないでしょう。

スタンダードな寝袋を求める方に、おすすめしたい製品です。


  • キャプテンスタッグ 600M-3448

Amazon:991円 楽天市場:1,439円 (17年5月現在)

・サイズ:約75×185cm
・収納時サイズ:約外径20×高さ38cm
・重量:980g
・材質:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
・使用温度目安:15℃~

シンプルで快適、汚れにも強い封筒型寝袋です。

生地自体はかなり薄手になっているので、肌寒い環境では少し厳しいかもしれません。
しかし、逆に言えば寝苦しい熱帯夜には最適ですので、夏場のキャンプにはもってこいです。

寝袋の中ではかなりお手頃価格となっており、とにかく安さにこだわる方におすすめです。


  • MOJI 封筒型寝袋

Amazon:2,280円 楽天市場:なし (17年5月現在)

・展開時サイズ:150×220cm
・使用時サイズ:75×220cm
・重量:約1.8kg
・使用可能温度:-9℃
・快適温度:0℃~

オープンシップタイプで、敷布団としても使用できる寝袋です。

平原キャンプですと、どうしても夏用寝袋ですら暑いと感じる時があります。
こちらを敷布団代わりにし、ブランケット等を掛ければ快適に眠る事ができるでしょう。

もちろんこちらの寝袋単体で使用する事もOK。

流行りの車中泊キャンプにもおすすめの寝袋です。


  • Ohuhu 2人用封筒型寝袋 

Amazon:4,580円 楽天市場:5,358円 (17年5月現在)

・サイズ:約150cm×220cm
・収納時サイズ:48×30cm
・重量:2.7kg
・材質:表地/210Tポリエステル、裏地/ポリエステル綿、中綿/高品質コットン
・使用可能温度:-5℃
・快適温度:0℃~10度

ビッグサイズな封筒型寝袋です。
こちら単体で解体・連結する事が出来るので、環境に合わせて使用する事が出来ます。

連結時は2人用と言われていますが、1人でも広々と休みたい方にはおすすめです。

まくらも付いていますので、まるで自宅のベッドの様に眠る事が出来ます。

広々と使いたい、お子様や恋人と寄り添って眠りたい方におすすめです。


  • MOUNTAIN WAVE 最軽量寝袋

Amazon:4,900円 楽天市場:5,733円 (17年5月現在)

・サイズ:72×180cm
・収納時サイズ:13×24cm
・重量:650g
・使用可能温度:5℃
・快適温度:10℃~15℃ 

業界最高クラスのコンパクト収納を実現した封筒型寝袋です。
重量も軽く、手のひらサイズのコンパクトさは持ち運びに一切の不便を感じません。

羽毛寝袋となっていますが、内側・外側にある両ファスナーで通気性を良くする事が出来るので、そこまで暑さは感じないかと思います。

むしろ羽毛のお陰でふかふかで快適な寝心地です。

出来るだけ荷物をかさばらせたくない方に、おすすめの寝袋です。

最後に

いくら暑い夏だとはいえ、地域によっては夜冷え込んでしまう事もあります。

キャンプに行く場所の気候を事前にリサーチしておき、気温に合わせて寝袋を選んでも良いかもしれません。

環境が厳しそうであれば、マットやブランケットなど補助寝具を利用すると良いでしょう。

楽しいキャンプとする為に、しっかりと寝袋にもこだわってくださいね。