パソコン・スマートフォン

【商品レビュー】LOGICOOL ワイヤレストラックボールマウス M570t

スマートフォンの普及によりパソコンユーザーは減少傾向にあるようですが、それでもまだまだユーザー数は多いです。
周辺機器も様々で、パソコンをより便利にするアイテムが盛りだくさんです。

そんな中、マウスも進化を遂げています。
マウスなんてどれも同じなんて思ってる方も少なくはないと思いますが、違うんです。

今回は LOGICOOL製 ワイヤレストラックボール M570t のご紹介です。

特徴
・サイズ 幅45×高さ14.5×奥行き95cm
・重量 142g
・センサー方式 レーザー
・総ボタン数 5
・スクロールホイール 有
・使用電池 単三電池×1

そもそもトラックボールって?

トラックボールとは、普通のマウスと違いカーソルの移動にマウス自体を動かす必要がありません。
本機で言うと、親指の位置にある丸いボールをコロコロする事によってカーソルを移動させます。

上記のようなボールをコロコロさせるマウスがトラックボールマウスなのですが、最初は少し戸惑うかもしれません。
ですが、慣れてしまえば普通のマウスに戻れないレベルの快適な操作性です。
特に細かい操作をする方にオススメとなっています。

トラックボールマウスのココがオススメ

1、場所を選ばない
トラックボールマウスはその性質上、置き場所を選びません。
例えばパソコンデスクが狭い環境だと、マウスを持ち上げてカタカタと移動させなければならず非常に不便です。
ですが、トラックボールマウスならそもそもマウスを移動させないですし、マウス移動の為のスペースも開くのでデスクをスッキリとすることができます。

2、正確な操作が可能
少し慣れがいる部分ではありますが、通常のマウスより細かい操作ができます。

ですが、この部分は本当に個人差があります。

わたし自身、M570tのおかげでパソコン作業が非常に捗るようになりましが、ネットでは使いにくい、合わないといった記事もチラホラ見かけます。

マウスの形状や手の形、指の器用さにも関係してくると思うので一概に言えませんが、親指を器用に動かせない方ですと合わないかもしれませんね。

3、マウスパッドが必要ない
1と多少かぶるのですが、マウスパッドが必要ない分デスクをスッキリさせることが出来ます。

それだけでなく、ワイヤレスであること活かし例えば膝の上など、どこでもマウスが使用できてしまうのです。

人によってはここが大きな利点かもしれません。
ゴロゴロしながら手の楽な位置でマウスを動かせる。
やってみるとめちゃくちゃ快適ですよ。コレ。

オススメはM570t

マウスとしては少し高いですが、わたしはM570tをオススメしたいです。

まず当たり前ですがワイヤレス。この部分ですね。
せっかくの素晴らしい機能を【コード】で制限されては勿体ないです。

次にワイヤレスの宿命である電池持ち。
本機は単三電池一本で最大18ヶ月も使用できるという怪物っぷり。
よくパソコンを使う方であればあるほど、こちらの電池持ちの良さが際立つと思います。

サイドについた2つの拡張ボタンはカスタマイズ可能というのも大きなポイント。
デフォルトですと、上の方が「進む」ボタン、下の方が「戻る」ボタンとなっています。
パソコンではネット閲覧くらいしかしない!という方であればデフォルトのままで問題ないかと思いますね。

もっと色々カスタマイズしたいよ!という方はM570tのサポートページにある【SetPoint】というソフトウェアをインストールしてください。
こちらのソフトウェアにて色々ボタンがカスタマイズ出来ますので、興味のある方は一度インストールしてみると良いかと思います。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回はトラックボールマウス M570t のご紹介をさせていただきました。

少し慣れが必要かもしれませんが、慣れてしまえば快適な操作性に病みつきになってしまうかもしれません。
ボタンのカスタマイズも、使用するアプリケーションによって挙動を変更することが出来るので、よくパソコンで作業するといった方に特にオススメかと思います。

現在トラックボールマウスを使っている方も、そうでない方にもオススメ製品かと思いますので、ご検討してみてはいかがでしょうか?

⇈ご購入はこちらから⇈