ランキング・おススメ

暑すぎる夏にはコレ!おすすめひんやりグッズ5選!!

毎年やってくる暑い夏。

例年30℃を超える猛暑が続き、一部の地域では35℃以上なんて事も耳にします。
熱中症対策などの意味でも、冷却グッズは必須ですね。

今でも5月だと言うのに非常に暑い日もあり、地域によってはエアコンを使用していらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、暑い夏を快適に過ごすひんやりグッズ をまとめてご紹介しちゃいます。

猛暑を乗り切る便利アイテムたち。
早めに準備して、暑すぎる夏を快適に乗り切ってしまいましょう!

ひんやりグッズおすすめ5選!

まずはコチラから!

叩くだけで氷点下!ロッテ ヒヤロンです。

製品の中に粒上に冷却粒と水袋が入っており、こちらを叩いて破裂させると一気に冷却が始まります。
その効果は室温30℃で約40分ほど(氷点下から10℃までの保冷時間)。

レジャーやアウトドア、スポーツなどで体を一時的に冷やしたいとき、バンッと叩けばすぐにひんやりする事が出来ますよ♪

熱中症対策にも、常に一枚携帯しておけばなにかと安心ですね。


続いてはコチラ!

ひんやりシャツシャワー ストロングミント です!
振りかけるだけで涼しくなれる、所謂冷却スプレーというものですね。

大人気の衣類に掛けるだけで冷感と消臭が出来るシャツシャワーシリーズから、ストロングタイプの登場なのです。
従来品より消臭効果20%UP、ひんやり成分30%UPと超COOL!

汗をかくたびにひんやりさわやかな清涼感で、寝苦しい夜からスポーツシーンまで、様々な場面で活躍間違い無し!
消臭効果もあるので、通勤通学前のサッと一振りで嫌な汗のニオイを気にせず済みそうです。

ですが効果が強すぎるせいか人によっては肌がヒリヒリするみたいなので、特に敏感肌の方は注意した方が良いかもしれません。

消臭効果で相手に不快感を与えることなく、清涼感で自身も爽快に過ごすことが出来る冷却スプレーですよ♪


続いてはコチラ!

クールコア タオル です!

【吸収】【保水】【蒸発】の異なる 3 つの役割を単層生地で実現させ、効果的な気化熱を発生させ生地温度を下げる、冷感メカニズム “COOLCORE( クールコア ) テクノロジー” を採用した革新的な機能性タオルです。

水に濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなります。

さらに、タオルなのに紫外線遮断率98%
首に巻くだけで簡単に肌を保護することができ、屋外でのスポーツ観戦などにも有用ですね。

使う度に洗濯しても痛んでしまうといった事もありません。
商品画像ではカラーはブルーとなっていますが、他にも7種類から選ぶことができますよ♪


続いてはコチラ!

携帯型首掛け送風機 DOCMFMD1 です!

大きな特徴はやはりそのコンパクトさでしょう。
風量を確保しながら【薄さ】と【軽さ】にこだわった新設計になっており、手のひらサイズで重量0.9gと超軽量コンパクト設計となっています。

本体裏面にはデスクで使える卓上スタンド、揺れ動くのを防ぐ安定補助クリップ付き。
首から掛けても良し、置いても良しと使い勝手は満足できるものとなっています。

肝心の送風性能は、正直若干弱いですね。
コチラの製品単体で使用するというより、ネッククーラーなどの補助用として使用すると良いかもしれません。

また、風の無い日や熱をもった空気のこもりやすい屋内などの使用にも最適です。
価格も非常にお安くなっているので、冷感グッズの補助用としておすすめです♪


続いてはコチラ!

一時期テレビで放送され話題になった ハッカ油 です!

虫よけスプレーや制汗スプレー、ハッカ油アロマなどその使用用途は多岐に渡ります。

中でもオススメなのが、お風呂にハッカ油を混ぜて楽しむハッカ湯。
お湯は暖かいのに体はなぜかひんやりスゥ~と不思議な体験をすることができます。

暑い夏の湯船でも、快適にスースーしながら入ることが出来ますよ♪

なお、ハッカ油は刺激が強すぎるので入れ過ぎには十分注意して下さい。
またネコちゃんにとってハッカ油は大変危険なので、飼っていらっしゃる方は使用を控えた方が良いかもしれません。

用法・用量を守って正しく使えば非常に便利なアイテムですので、ネコちゃんを飼っていらっしゃらないなら是非ともお試しいただきたいです♪

最後に

いかがでしたか?
今回は 暑い夏を快適に過ごすひんやりグッズ を紹介させていただきました。

やはり、猛暑は冷やすといった事が非常に大切です。
基本的には首元を中心に、わきの下・太ももの付け根などを冷やすと効果的です。

今回紹介した製品があれば、屋外でも屋内でもきっと快適に過ごせる事かと思います。

ひんやり冷感グッズで、暑い夏を乗り切ってしまいましょう!

 

コチラもどうぞ→熱中症対策!原因から予防・対策を考える