豆知識・雑学

紫外線の対策と影響ってなにがあるの?

夏になると日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりと日焼け止め対策をするかと思います。

日焼けも紫外線の影響です。
さらに、白内障や感染症といった健康被害のリスクも高まるって知ってましたか?

そこで、意外と知らない紫外線について分かりやすく説明し、その対策についても書いていこうと思います!

しっかり対策して暑い夏を思いっきり楽しみましょう!

紫外線ってなに?

太陽の光には目で見ることが出来る可視光線の他に、目に見えない光が含まれています。
それが赤外線や紫外線です。

紫外線はその波長の違いによって【UVA】【UVB】【UVC】と3種類に分けられています。

まずはこの3種類がどう違うのか、見ていきたいと思います。

紫外線3種類の違い

  • UVAについて

紫外線A波と呼ばれ、地表に届く95%がUVAと言われています。

UVA自体のエネルギーは強くないものの、照射量が多く肌の奥まで届くため、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維を徐々に破壊してしまうのです。

また、1度破壊された繊維は復活しないので徐々に肌のハリや弾力の低下を招きます。

ちなみに日焼けサロンで浴びる紫外線は、主にこのUVAで、その際に皮膚の老化が進んでいることも忘れないでくださいね!

さらに波長が長い為ガラスをすり抜けてきますので、カフェの窓際の席や自宅にいるときにも気をつけたいところです。

赤みや炎症が起きにくいので、うっかり焼けを起こしやすいのがUVAの特長です。

  • UVBについて

紫外線B波と呼ばれ、地表に届く約5%がUVBと言われています。

主に肌の表面で吸収されますがUVAよりも強いエネルギーを持っています。
UVBは表皮にダメージを起こしますので皮膚が赤くなったり、シミやそばかすの原因になります。

屋外での日焼けの主な原因がUVBによるものとなります。

  • UVCについて

C波は波長が短いためオゾン層に吸収されるため、地球上には到達しません。
UVCはUVBよりも強力なエネルギーを持っており、当たると皮膚がんなど人体に及ぼす影響がとても強いと考えられます。

UVCは細胞を破壊する力が強いので細菌やウィルスを死滅させることが出来ます。

食品工場などで利用される殺菌灯や紫外線殺菌棒などはこのUVCを人工的に作り出しているものです。

現在はオゾン層に吸収されて地表に届かないのですが、地球温暖化などの影響でオゾン層が破壊され、地表への影響も近いうちに表れるかもしれません。

紫外線は季節を問わない!

日焼けというとやはり夏をイメージしますよね。
しかし、紫外線は夏に限らず1年を通して肌にダメージを与えてきます。

ピークは確かに6~8月の夏が1番多いのですが、冬でもUVAは約半分、UVBでも夏の5分の1程度は降り注いでいます。

夏になるほど多くなっていくので、油断しがちな春先が実は危なかったりします。

紫外線はお昼が1番多くなります。早朝と夜は太陽が出ていないのでやはり少ないです。
なのでお昼の時間帯をどのように対策するかがカギですね。

紫外線対策!~外出編~

紫外線対策には色々ありますね。日傘や日焼け止めクリームなどは皆さん1度は使用したことがあると思いますが、もちろん大正解ですよ!

気を付けたいのは地表からの反射で受けてしまう紫外線です。
上からは日傘でブロック出来ますが、あごや首など反射で受けやすい部分のケアもしっかりしておきたいものです。

あと、意外とケアしていない目の部分!
サングラスは紫外線対策にとても有効です。普段眼鏡をしない方も夏はサングラスをした方が良いですね!

日焼け止めクリームも用途に合った使い方を実践していきたいです。
SPFやPAって日焼け止めを使う方でしたら、聞いたことありますよね?この時期になるとSPF50!などのCMもバンバン流れてきます。

そこで、SPFとPAについて簡単に解説したいと思います。

  • SPFについて

SPF数値が高いとガンガン反射してくれるって思っていませんか?
実はSPF値というのは、紫外線を浴びてから日焼けするまでの時間を、どれくらい延長できるのかということを表した数値です。

SPF1が持続時間20分です。

つまりSPF50は20×50で1000分ということになりますので、日焼けするまでの時間を16.6時間遅らせてくれるということになります。

16時間も太陽って出てないですよね(笑)
なので日常生活ではSPF50程強い物を使わなくても良いのかなと思います

海や山など長時間日光に当たる時や、塗りなおす時間がない時はもちろん有効です。

しかしSPF50にもなるとそのクリームを塗ること自体が肌への負担になるので、その日の自分の行動に合わせて、SPF数値の低いものと高いものを塗り分けることが大切なのです。

  • PAについて

PAというのはUVA波を防ぐ能力です。こちらは高いほうが効果が強いです。

PA値はPA+からPA++++までの4段階があります。
しかし、こちらも高いほど肌への負担があります。

是非実践してもらいたいのは、面倒かもしれませんが優しめの日焼け止めクリームをこまめに塗りなおすことです。

心配な場合はクリームの上から日焼け止めパウダーなどを併用する事で紫外線を抑えられます。

また、肌の心配をしすぎてベビー用などのクリームを使っている方がいらっしゃいますが、逆にベビー用は殺菌作用などが強く肌に負担が掛かってしまいますのでやめましょうね。

紫外線対策!~お家編~

おうちに帰ったらもう安心!な~んて思っちゃいけませんよ!
おうちに帰ってきたら次はしっかりケアしてあげましょう!完璧に外の紫外線を防ぐのは不可能ですからね。

少なからずお肌にダメージはあります。

まずは洗顔です。
日焼け止めなども塗りにくくダメージを受けやすい部分ですのでしっかりと洗顔をする必要があります。

洗顔時はこすらずに泡でモコモコしてあげる感じにしましょう!時間をかけすぎるのもNGですよ♪

次に化粧水です。ここが結構大事なポイントです!
冬と同じ化粧水では紫外線に対するケアが弱いかもしれません。

紫外線によりメラニンの活動が活発になる為、保湿目的よりもシミ、そばかす対策の物を選びましょう。

代表的な成分がビタミン誘導体というものです。
この成分はシミ用だけでなく、シワやたるみの原因になるコラーゲンをサポートしてくれるのでまさに効果は抜群です。

しかし、比較的高価になってしまうので、迷っている方は医薬部外品の美白化粧水が堅い選び方かもしれません。

次に美容液です
夏は化粧水のみという方がいらっしゃるようですが、あまりオススメできません。

確かに夏は乾燥が目立ちにくく、大丈夫だろうって思いがちなのですが紫外線や冷房などで肌の水分は確実に失われていっています。

キッチリ使ってお肌を潤してあげましょう。

お風呂上りにスチームなどで顔全体に水分を行き渡らせるのももちろん効果ありです!
化粧水が浸透するようになりますからね!

スチームなどの美容家電は少し高価なイメージがありますが、対策にはぜひとも使用したです。

日々のケアが紫外線対策への第一歩!怠らず毎日することで必ず効果が出ます。
夏だけでなく冬も継続的にケアしていく事が大切なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
紫外線への正しい知識を持って、正しい対策をしていく事で肌や人体へのダメージは最小限に抑えることが出来ます。

紫外線は年中発生しているものですので日々のケアがとても重要になってきます。
毎日の洗顔やケアを怠らず、紫外線に負けないキレイでハリのある肌を維持していきたいですね!

夏は特に紫外線が強いです。あんまり気にしすぎて楽しめないのも面白くありません。
毎日のケアと外出時の最低限のケアをしていれば、思いっきり楽しむことだって出来ますよ!

きちんと対策して今年の夏も思いっきり楽しみましょう!♪

 

私のオススメする紫外線対策グッズを紹介しています!

↓↓ご興味のある方は是非見てみてくださいね♪↓↓

あわせて読みたい
夏の紫外線対策に!肌に優しいおすすめアイテム10選!アウトドアのシーズンになってきましたけど、強烈な夏の紫外線… これからの季節は特に紫外線対策が必須な時期ですよね。 ...